酒好きの肝臓にタウリンが効果的な理由

酒好きの肝臓にタウリンが効果的な理由

肝臓にタウリン

お酒が好きだったり、仕事上の付き合いがあったりなどで毎日のようにお酒を飲む人もいるのではないでしょうか。本来は酒を飲まないようにするのが大事なわけですが、酒を止められないという人も多くいます。
そんな人におすすめなのがタウリンです。タウリンはお酒をよく飲む人に良いという話を聞いたことがある人もいるかもしれません が、タウリンは肝臓の機能を高めてくれる効果が期待できます。

 

実は肝臓とアルコールには深い関係性があり、肝臓は摂取したアルコールを分解する働きを持っています。
しかし、アルコールを飲みすぎると肝臓は疲労してしまい、摂取したアルコールを十分に分解できなくなってしまうのです。
そうなると中性脂肪が肝臓にだんだんと蓄積され、脂肪肝と呼ばれる肝障害になってしまう可能性もあります。

 

タウリンはそんな疲労した肝臓を守ってくれる作用があり、傷ついた細胞の再生もサポートしてくれます。さらに肝臓に溜まった中 性脂肪を体外へ排出する役割も持っています。
そんなタウリンの一日の目安摂取量は約500mgで、牡蠣やタコなどの食べ物やサプリメントなどから摂取することがおすすめです。
飲み会などが続くシーズンは体を酷使させることも多いかもしれませんが、タウリンを上手に摂取してしっかりと体調管理を行うこ とが大切です。
肝臓疲労回復も大事です。